【必見】これで後悔しない!手作り結婚指輪のよくある失敗と対策を紹介!

一生に一度の結婚指輪は後悔のないデザインにしたいですよね。2人で手づくりすれば、思い出に残る結婚指輪が完成します。一方で、手作りならではのトラブルもあるので注意しましょう。よくある失敗をチェックして、手づくりする際に役立てたいところです。この記事では、手作り結婚指輪で失敗してしまう例や対策について解説します。

手作り結婚指輪のメリット・デメリット

まず、既製品を買うよりも値段を抑えられるのは手作りのメリットです。それでいて、デザインを自由にアレンジできます。既製品でお気に入りのモデルが見つからなかった場合は、手作りで2人の好みに合わせてみるのも得策です。さらに、世界にひとつの指輪が手に入る「特別感」も重要です。結婚指輪は一生残るアイテムであり、オリジナリティが高いとますます愛着が沸きます。

そのほか、「指輪作りも思い出になる」のも魅力です。新郎新婦の2人で悩んだり迷ったりしながらデザインを決めていく、全ての時間が貴重な宝物です。自分たちの手を動かした分、指輪への思い入れも深まるでしょう。しかも、制作風景をスタッフに撮影してもらえるので、結婚式のムービーにも使えます。もちろん、自分たちで見返して楽しむことも可能です。

一方で、ブランド志向の強いカップルには手作り指輪は向きません。パートナーが特定のブランドで結婚指輪を希望していないか事前に確認しましょう。

また、手作りに対応している店舗は、既製品を扱うブランドに比べて少ないため、お住いの場所によっては店舗を見つけるだけでも大変かもしれません。店舗が少ないのは「アフターサービス」という懸念事項にもつながります。住所が変わってしまうと、指輪の修理などのサービスを受けにくくなってしまいかねません。郵送によるメンテナンスを請け負っているアトリエを選ぶと安心です。

手作り結婚指輪での後悔ポイントと対策

良い思い出にしようと手作りの結婚指輪に挑戦したにもかかわらず、後悔が残ってしまったカップルもいます。ここからは、失敗ポイントと対策を挙げていきます。

製法の違いを把握していなかった

結婚指輪の代表的な製法には鋳造(ちゅうぞう)と鍛造(たんぞう)があります。それぞれメリットとデメリットが異なるので、自分の希望に合わない製法で指輪を作ってしまうと後悔することも珍しくありません。まず、鋳造製法は「ワックス製法」「ロスト・ワックス・キャスティング」とも呼ばれています。ワックスで指輪の形を作る仕組みで、大量生産できるため多くのブランドで採用されています。繊細なデザインも自由に施せるのが魅力です。そのかわり、鍛造ほどの耐久力はありません。

一方、鍛造製法では金属を鍛えて指輪の形を整えていきます。強度の高い指輪を望んでいるカップルにはぴったりです。しかも専属の職人が作るため時間があまりかからず、依頼した日に完成することもあります。価格帯も比較的リーズナブルな事が多いです。ただ、装飾の多いデザインには向かないので、シンプルで耐久性のある結婚指輪を希望する場合に鍛造製法を選ぶと良いでしょう。ちなみに、アニバーサリージュエリーMITUBACIではこちらのやり方を採用しています。

失敗しないためには、アトリエのリサーチが非常に大切です。どちらの製法で指輪を作っているのかを確認してから依頼しましょう。それ以前に、製法の特徴をしっかり勉強し、どんな工程で希望の指輪ができるのかを知ることも肝心です。

料金がわかりにくい

値段が決まっている既製品と違い、手作りの結婚指輪は、ご自身の好きな幅や素材を選ぶことができます。

そのため、料金体系が複雑になってしまい、注文してから費用を知り、驚くケースも少なくありません。そもそも、手作り指輪の料金体系はアトリエによって異なります。多くのアトリエは基本料金に材料費と追加オプションを足して完成後に請求します。ところが、最初からホームページやカタログで公開されているのは基本料金だけの場合もあります。あるいは、基本料金と材料費の最低価格しか記載されていないことも珍しくないようです。

これらの基本料金や最低料金だけを見て頼んでしまうと、最終的な金額とのギャップが大きくなります。一方で、良心的なアトリエは価格シミュレーターをホームページに設置するなどして、顧客が正確な金額を把握できるように努めています。そのうえで、表示額面だけでなく総合的な料金を予想しながら手作りを進めていけます。価格のシミュレーションができないアトリエは候補から外すのもひとつの選択肢です。料金体系が分かりやすいアトリエを選んで、不安の無い結婚選びをすすめていきましょう。

MITUBACIは本格派のアトリエでありながら、価格設定も手ごろです。

基本料金には材料費も含まれており、加工前から正確な金額の見積りができます。素材やリングの幅を選んだ時点で費用をはっきりと確認できます。しかも、手打ちの文字刻印、表面加工の費用も基本料金に含まれています。これらの作業をオプションにしているアトリエも多いので、不明な場合はスタッフさんに確認してみましょう。

デザインに凝りすぎた・イメージ違いだった

一般人が結婚指輪をデザインするとき、実用性を無視してしまうことがあります。凹凸がありすぎたり派手すぎたりして、日常的につけられなくなる可能性も出てくるでしょう。結婚指輪は夫婦の絆の証なので長くつけられるデザインにすることがとても重要です。また、本人たちのイメージが上手く伝わらず、完成品がしっくりこない失敗も珍しくありません。デザイン面の対策として、シンプルさを大切にすることが挙げられます。オーソドックスでありながらも頑丈なデザインになる鍛造製法の指輪がおすすめ。さらに、事前に複数の指輪を試着させてもらい、イメージと実物のギャップを埋めておきましょう。

思ったような手作りの作業や出来上がりではなかった

手作りにまつわる作業で、不満を覚えてしまうカップルもいます。たとえば、作業が予想以上に難しかったにもかかわらず、スタッフからのサポートもないと完成品のクオリティは下がってしまいます。逆に、自分たちで作業できる割合が少なかったり、作業そのものが簡単すぎたりするのも後悔の原因になるでしょう。説明なく作業に入って、意味が分からないまま完成してしまうケースでも思い出に残りません。そのほか、スタッフが要望を聞き入れてくれないアトリエも問題だといえます。そもそも、残念ながらスタッフが専門的な知識もないまま、マニュアル通りの流れ作業を伝えてしまうアトリエもあります。

こうした失敗をしないためにはアトリエ探しがとても大事です。MITUBACIでは、キャリアのある職人が一貫して面倒を見てくれます。作業内容を事前に説明したうえで、カップルで行う作業やプロに任せる作業の切り分けを一緒に考えてくれます。カップルの希望に合わせて、担当する作業を変えていくことも可能です。仮にカップルの作業が上手くいかなくても、プロがしっかりフォローしてくれます。そのため、完成品は職人が作るものと同様の高品質になるのです。実際、Googleのレビューには「MITUBACIの手作り指輪に満足できた」という先輩カップルからの高評価がたくさん書き込まれています。

アフターサービスの内容が乏しかった

結婚指輪は長年使うものなので、いつかはサイズが変わったり傷ついたりすることもあるものです。そのため、困ったときのアフターサービスが充実していないと、カップルは手作りを後悔してしまうでしょう。些細なことであっても、アトリエが相談やサポートを受けつけてくれるかは肝心なポイントです。アフターサービスの内容はアトリエによって大きく異なるため、依頼前に比較検討しましょう。アトリエ選びでは、なるべく多くの項目を比べることが失敗しないコツです。保証期間やサイズ直しの料金、クリーニングができるかどうかなどのサービスをしっかりチェックして候補先のアトリエを絞り込んでいきます。

後悔しない結婚指輪づくりならMITUBACIを!

この記事では、手作り結婚指輪で後悔しないためのポイントと対策を解説してきました。満足のいく手づくりをしたいなら、MITUBACIがおすすめです。MITUBACIは頑丈な鍛造製法を採用しているうえ、料金シミュレーターによって予算も想定しやすいのがメリットです。プロの職人のサポートがあるほか、アフターサポートも充実しています。ホームページやLINEから気軽に問い合わせできるので、まずは相談してみましょう。

MITUBACIの結婚指輪手作りコース

MITUBACI(ミツバチ)は東京三軒茶屋の手作り指輪工房です。
50年以上にわたってオーダーメイドの結婚指輪を手掛けたアトリエで、プロの彫金職人がお客様の制作工程を手ほどきします。


※こちらの「指輪選びのお役立ちコラム:一般的な指輪のお話」は、外部の記事ライターに取材と執筆を依頼した記事です

【必見】これで後悔しない!手作り結婚指輪のよくある失敗と対策を紹介!

🔨 Experience Handmade Jewelry Now
Refer to the price list on our website for a detailed breakdown with no hidden cost.

BOOK NOW PRICING