「永遠のソール・ライター」展にいってきました

渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「永遠のソール・ライター」展にいってきました。

こちらの展覧会は「アンコール開催」、今年の1月から開催されていた展覧会の再展示です。

最初の開催時は、忙しかったり、外出自粛だったりして行けなかったのですが、作品がアメリカに返却できない!ということで、アンコール開催となりました。

見逃してしまった私にとっては嬉しいニュースです。

ソールライターは以前もBunkamuraで展覧会をしていて、そのときに初めて知りました。

ニューヨークの写真を1940年代から撮影していたひとです。

写真は1950年代のニューヨークの写真が多くて、雨や雪の日の写真もたくさんあります。

観ていると映画をみているような気分になる写真です。

ふしぎ、と思いましたが、よく考えてみたら私の好きな映画が1950年代のアメリカが舞台の映画が多いだけでした。

「雨に唄えば」「ティファニーで朝食を」「トムとジェリー」

古き良きアメリカ、といわれるような時代でしょうか。

たくさんの作品がありましたので、ぜひのんびりと観に行ってみてくださいね!

最近のおでかけにはよくMITUBACIのバングルをつけていきます。

ノースリーブや半そでの多い夏がいいかな、と思っていましたが、まだまだ活躍しそうです。

***

Thank you for reading this article!

Feel free to drop us an inquiry, or click the "Book Now" button to make an appointment: BOOK NOW

Our Instagram will be updated every now and then, so please stay tuned!


「永遠のソール・ライター」展にいってきました