結婚指輪を手作りするメリット・デメリット

結婚指輪を手作りするメリット・デメリット

自分たちらしい結婚式をしたいと思うカップルが増えている昨今、結婚指輪も手作りする人が増えてきました。

気になっていても、結婚指輪は大きなお買い物、とりあえず作ってみる・買ってみる、ということができにくいものです。

今回はそんな手作り結婚指輪のメリット・デメリットをご紹介いたします。

手作り結婚指輪と既製品との違い

受け取りまでの時間

既製品の場合、もし欲しい指輪がもう決まっているのであれば実際にかかる時間はとても短いです。

お店にいってサイズを測り注文 → 後日お店で受け取り

という手順なので、店舗に行く時間さえ確保できれば結婚指輪を買うことができます。

注意するのは納期がある場合がほとんどということです。結婚指輪は、既製品とはいえ、洋服や鞄などと違ってお渡しまでにお時間をいただきます。

通常、店頭に置いてある結婚指輪はサンプルのため、お客様のサイズを測ってオーダーを受けて製作、お渡しします。ご注文からお渡しまでに1カ月から2カ月かかるところが多いですが、海外ブランドなどは輸送の時間もかかるため3カ月以上かかる場合もあります。お式まで日にちが無い方は、最初に確認することをおすすめします。お店によっては、たまたまちょうどよいサイズが店頭にあり、急いでいる場合はその場で持ち帰ることもできるかもしれません。

手作りの結婚指輪はどうでしょうか。

手作り指輪は当日受け取れるお店がほとんどです。当日持ち帰ることができますが、1から指輪を作りあげていくので、少なくとも2時間、通常3時間程度の作業時間を確保することが必要です。お店までの往復時間も考えると2人で半日程度確保することが必要です。

クオリティの違い

既製品はプロが作るのに対し、手作りは自分たちで作るため、当然クオリティに差が出てきます。たとえば表面の槌目模様を付けるとき、プロは同じ間隔、同じ強さで一周テクスチャーを打ち込めます。ですので、何百本製作しても、どれも同じ見た目の結婚指輪が作れます。

自分たちで作ると模様の間隔が狭いところと広いところができたり、模様の大きさにムラができたりします。その違いも自分たちで作った証・手作りならではの魅力ですが、均一な完成品を求める方には手作り結婚指輪はあまり向いていません。

オリジナリティの有無

既製品は、すでに完成された商品のため他の人と同じ商品になります。有名ブランドの結婚指輪だったりすると、友人とかぶる可能性も出てきます。

手作り結婚指輪は世界でたった1つの指輪が作れるので、他の人とかぶることはありません。

刻印やダイヤモンドを追加すれば、さらにオリジナリティが増します。MITUBACIでは指輪の表面に刻印を打つこともできるので、刻印で装飾してみてもユニークな指輪が作れそうです。季節限定のMITUBACIオリジナル刻印もあるので、作った時の記念にもなります。またダイヤモンドはブラックダイヤモンドやグリーンダイヤモンドなどもご用意しています。

結婚指輪の手作りコースを知りたい方はこちら

結婚指輪を手作りするメリット

作る過程を楽しめる

時間をかけて作るので、その工程を2人で楽しむことができます。これが最大のメリットです!服やアクセサリーを作ったり、DIYで家具をつくったりするのが好きな2人なら、普段と違ったデートを一段と楽しめるはずです。また金属の材料が指輪になるまでの工程は、なかなか見る機会がないので、興味深いです。自分たちの手が加わることで形や見た目が変化していくのもおもしろいです。集中して作業するので、いつもと違った相手の表情がみられそうです。

思い出づくりの1つにできる

2人で一緒に何かを作った経験はありますか?DIYが好きで一緒にいろんなものを作るカップルや一緒に料理を作るカップルは多そうです。でも、2人で一緒に作業をしている写真は、実はあまりないかもしれません。普段は手にしない工具や、工房で撮る指輪を作る作業風景は写真映えします!

作ったときのことを結婚式でエピソードとして話してもいいかもしれないです。動画を撮影していただいて結婚式でムービーとして流していただいたり、製作風景の写真をスライドショーにして使われる方もいらっしゃいます。プロのカメラマンの方と一緒にご来店いただいてお作りいただくカップルもいらっしゃいます。フォトブックを作って、ふたりであとから見返すのもすてきな思い出ですね。

MITUBACIではどの工程でも、工房のどこでも撮影OKです!

バングルに文字を刻印しているところ

愛着がわく

自分たちで時間をかけて作りあげた結婚指輪は愛着がわきます。大切なパートナーが作ってくれたものであれば、より一層思い入れのある指輪になるでしょう。結婚指輪を購入しても日常的に着けない方もいらっしゃいますが、2人で作りあげた愛着のある指輪であれば、きっと毎日着けたくなります。着けるたびに、楽しく作った思い出がよみがえりそうです。

結婚指輪を手作りするデメリット

製作時間がかかる

手作り結婚指輪は製作に時間がかかります。実際に作業する時間は2時間から3時間、デザインを選ぶ時間とお店まで行く時間を考えると少なくとも半日は2人で一緒の時間を確保する必要があります。旅行先などで結婚指輪を作る場合、他に行きたい場所や観光したい場所がいろいろとあって、タイトなスケジュールを組んでいるカップルにはあまりおすすめできません。ですが、製作したその日に受け取れるので今週中に結婚指輪が欲しい、結婚指輪を買う予定はなかったけど、やっぱり来週の結婚式で交換したい!というすぐ手元に欲しいカップルにはおすすめです。MITUBACIでは、宝石の石留があってもご来店いただいた当日に結婚指輪を受け取れます。

費用がかかる

手作り結婚指輪はご自身の好みに指輪を作りあげることができます。たとえば、幅が5mmくらいの幅広の結婚指輪が作れたり、ダイヤモンドをたくさん入れたり自由に作れるところがほとんどです。ですが、手作り結婚指輪は重さで価格が決まるお店が多いので、考えていたよりも重くなり、費用がかかる場合があります。「手作り=リーズナブル」と思っていたのに、既製品よりも高額になる場合もあります。結婚にかかる費用はいろいろとあるので、できれば予算通りに作りたいですね。MITUBACIでは重さや相場には影響されず、結婚指輪の幅によって価格が決まっているので予想よりも費用がかかることはありません。

知識がない

指輪なんて作った経験がないけれど、本当に作れるのか心配になってしまいます。不器用だからきれいに作れるか心配、金槌なんて何年も握ったことがない、という方もいらっしゃるかもしれません。手作り結婚指輪は最初から最後まで全部ひとりで作るわけではありません。どのお店もサポートしてくれる人がいるので大丈夫です。

MITUBACIではお客様をサポートするのは全員プロの指輪職人なので安心です。年間何百本もの結婚指輪を長年作ってきた、専任の職人がお手伝いしますので、だれでも美しい結婚指輪が作れます。

結婚指輪の手作りコースを知りたい方はこちら

まとめ

手作り結婚指輪のメリットは、

作る工程が楽しめる

思い出に残る

愛着がわく

当日受け取り可能

があります。

デメリットを考えても、ものづくりが好きなおふたりには手作り結婚指輪がおすすめですね!

MITUBACIでは手作り結婚指輪がつくれます。

MITUBACIで手作り結婚指輪を作るメリットについてはこちらをみてみてくださいね

ご予約はこちらからお願いします

よくある質問はこちらです

結婚指輪を手作りするメリット・デメリット

🔨 手作りを体験しよう。
ウェブ上で最終価格がわかります

価格一覧 BOOK NOW

MITUBACIの手作り指輪・バングルコースは老舗工房の職人が完成まで手ほどき。
最終価格までウェブ上でわかるから、安心してお選びいただけます。