手作り結婚指輪の旋盤加工

手作り結婚指輪の旋盤加工

MITUBACIでは、手作り結婚指輪のオプションとして、新しく「旋盤加工(せんばんかこう)」を開始しました。旋盤という機械自体を知らない方も多いと思いますので、こちらでご紹介します。

旋盤とは

旋盤写真

旋盤とは、主に金属を切削する機械のことです。削るものを回転させて、固定されたバイトと呼ばれる切削工具で切り出していきます。指輪の制作以外では、機械部品やネジの制作に使われます。

指輪の旋盤加工は、指輪を回転させて、専用の刃で削っていきます。そうすることで均一なオーバル(甲丸)の形の指輪を短時間で作ることができます。また、刃を変えることで、指輪の中央にラインを作ったり、ミル打ち模様を付けたりできます。

機械の説明についてはこちらの記事も読んでみてくださいね。

MITUBACIの旋盤加工

MITUBACIでは旋盤加工として、新しく6種類の加工を開始しました。それぞれについてご紹介します。

オーバル

オーバル(+¥5,500)
リングが丸みを帯び、見た目も着け心地もやわらかい形になります

リングのサイドを旋盤で削ります。指輪全体が丸みを帯び、見た目も着け心地も、つるんとやわらかい形になります。甲丸という呼び方をするお店もある形です。

マーレ

マーレ(+¥5,500)
イタリア語で海を意味し、波のようなくぼみを表現します

イタリア語で海を意味し、波のような、U字型のくぼみを表現します。こちらの加工は、2.5mm以上の幅から加工することができます。

アルプス

アルプス(+¥5,500)
リング表面にアルプスの山のようなシャープな形を作ります

リング表面にアルプスの山のようなシャープな形を作ります。

ライン

ライン(+¥8,800)
リングの中央に線状の溝をアクセントとして入れます。

オーバルの形に整えたリング中央に、線状の溝をアクセントとして入れます。左の写真の指輪のように、指輪全体をつや消しにすることもできます。つや消しされた指輪の上のラインは、より強調されますね。

センターミル

センターミル(+¥14,300)
中央に極小の歯車(ミル)をあて小さな粒をつけます。

オーバルの形に整えたリング中央に、極小の歯車(ミル)をあて小さな粒をつけます。とても小さくて可愛らしい歯車ですので、加工の際にはそちらも見ていってくださいね。

サイドミル

サイドミル(+¥14,300)
ミルを両サイドに二本入れ、輪郭を強調します*。

ミルを両サイドに二本入れ、輪郭を強調します。こちらの加工は、2.0mm以上の幅から加工することができます。

旋盤加工は、プラチナ・K18ゴールド、どの素材でもお選びいただけます。

サンプルもご用意していますので、ぜひ一度MITUBACIでご試着してみてくださいね!

手作り結婚指輪の旋盤加工
手作りを体験しよう。


BOOK NOW PRICING

Refer to the price list on our website for a detailed breakdown with no hidden cost.