【お客様の声】ダイヤモンドがアクセントのプラチナ結婚指輪

プラチナ結婚指輪

Ring details:

・プラチナPt950(2.0mm)槌目ブラスト(ハーフ)

・プラチナPt950(1.7mm)槌目 + ダイヤモンド

プラチナにダイヤモンドが光る指輪と、半分だけブラストをかけた結婚指輪をご紹介します。

K様は、刻印はレーザー刻印をお選びいただいたため、刻印の練習や刻印作業はありません。

サイズを測って、材料を職人に用意してもらったら、さっそく丸めていきます。

リングベンダーという専用の道具を使うと、初めてだったり力のない方でも指輪を丸めていくことができます。

リングを丸める作業

次に丸めた指輪をつないでいきます。つなげる作業はロウ付けといいます。

プラチナは溶ける温度(融点)が高いため、酸素バーナーを使って溶接(ロウ付け)していきます。

酸素バーナーの扱いは資格が必要なため、職人が作業します。

酸素バーナーを使って指輪をロウ付け

金属の板が、指輪の形になりました。次は磨く作業です。

指輪(磨く前)

磨いた指輪に槌目模様をつけていきます。

先端の丸くなった専用の金づちで指輪をたたいていきます。

槌目模様を付け終わったあとに、ブラストをかけたり、ダイヤモンドを留めます。

ブラストの作業と石留の作業は技術が必要なため、職人が行います。最後に、レーザーの文字彫りを入れます。

できあがった指輪はこちらです!

すてきな指輪ができあがりました。

写真右の指輪は1.7mmと細身の指輪ですので、他の指輪を重ね付けしてもよさそうですね。

職人へのメッセージもいただきました。

お客様から職人へのメッセージ

思い出になりました。楽しかったです。親身に下さりとても良かったです

ありがとうございました^^

***

K様、ご来店ありがとうございました。東京都にお住まいということでしたので、また最寄の際はぜひ遊びにいらしてくださいね。

*This article is published with the consensus of the customers.

【お客様の声】ダイヤモンドがアクセントのプラチナ結婚指輪

🔨 Experience Handmade Jewelry Now
Refer to the price list on our website for a detailed breakdown with no hidden cost.

BOOK NOW PRICING