結婚指輪を手作りと既製品で迷ったら、手作りがおすすめな理由

結婚指輪を探していたら、自分たちで手作りできる結婚指輪をみつけて、しかも既製品よりも割安の場合が多いし、何より楽しそう!でも、自分たちできれいにつくれるのか心配、品質や保証は安くても大丈夫なのかな?と悩んでいらっしゃる方、実はたくさんいらっしゃいます。 毎日つける結婚指輪、決して安くないお買い物ですし、選択肢も多く、迷ってしまいますよね。 この記事では、手作り結婚指輪に不安を抱いている方の助けになるように、手作り結婚指輪と既製品を比較してみました。

手作り結婚指輪と既製品の価格

手作り結婚指輪と既製品の相場

結婚指輪の相場はペアの平均で25万円程度です。

※参考:ゼクシィ結婚トレンド調査2020/全国推計値

ペアで25万円程度というのは平均値ですので、もっとずっと安く探すカップルもいますし、1本で25万円以上する結婚指輪を選ぶ人もいます。 結婚する際には、いろいろと出費も多いため、特別に決めているブランドや予算がない場合は、できれば結婚指輪の価格は平均値程度、品質が保てるのであれば、平均よりも安価でみつけることができるといいですよね。 手作り結婚指輪の相場は、既製品よりも費用が抑えられるお店が多いです。 結婚指輪の値段も含めて検討したい場合は、手作り結婚指輪もリサーチ対象にすることをおすすめします。

結婚指輪の費用を節約することに対して罪悪感は必要ない

結婚指輪の費用を節約して、安価なものを購入することに対して、ネガティブな気持ちを持つこともあるかもしれませんが、きちんと探して、選んだ結婚指輪であれば何の問題もありません。自信をもってつけてください。 結婚指輪で大切なことは、価格ではなく、本人たちが気に入っているかどうかです。

手作り結婚指輪が安い理由

手作り結婚指輪の相場が比較的安い一番の理由は、お客様の手へ届くまでの費用を抑えられることです。

具体的には、

1.人件費が少なめ

2.テナント料が抑えられる

といった点です。 材料費以外の販売費が抑えられるために、手作り結婚指輪は既製品よりも安い値段設定がされています。決して品質が劣るということではありません。

手作り結婚指輪は人件費が抑えられる

手作り結婚指輪が安い理由は、お店によっても異なるのですが、お客様の手元に届くまでのコストが抑えられる点が大きいです。 既製品の場合、まずデザイナーがデザインをして、それを工場で制作、店舗へ輸送して販売員が販売をする、という流れが多いです。少なくとも3つ以上の役割分担が出てきます。手作り結婚指輪の場合は、その場でお客様と職人が一緒になってデザイン・製作・販売・購入までしてしまうので、人件費・輸送コストを抑えることができます。

手作り結婚指輪は テナント料が抑えられる

手作り結婚指輪は、テナント料という面でもコストが節約できることが多いです。手作り結婚指輪の場合、店舗兼工房、というお店が多いので、工場と店舗を別々に持つよりも費用がかかりませんし、百貨店等へのテナント料がかかりません。そのため、手作り結婚指輪の価格は、指輪を作るための材料費や製作費だけをベースとした値段が設定されていることが多いです。

ハイブランドであればあるほど、テナント料や広告費など、実際の指輪にかかる費用以外のコストが指輪の価格に含まれているため、金額が高くなりがちです。

手作り結婚指輪と既製品のデザイン

指輪のデザインの傾向

手作り結婚指輪の場合、鍛造製法と鋳造製法(キャスト)という製法があります。鍛造製法の場合は、細かいデザインを作ることに向いていません。鋳造製法の場合は細かいデザインも製作可能です。鋳造製法では、ワックスというやわらかい素材を削ってデザインを作るため、削る際に細かいデザインを施していくことで、できあがる指輪も細かいデザインの入ったものになります。

既製品の結婚指輪も、 鍛造製法と鋳造製法の両方があります。いずれの製法で作られた指輪でも、既製品の場合は細部のデザインを最初からデザイナーが作って商品にしています。デザイナーのこだわりに共感できる指輪に出会えれば、ずっと気に入る結婚指輪になるでしょう。他には、たとえば、大好きなキャラクターがいたとして、結婚指輪でもそのキャラクターの世界観を表現したい、細部のデザインに至るまで世界観を大切にしたい、身に着けていたい、という方には既製品をおすすめします。

指輪のデザインをアレンジする

既製品はそのままで着用することを前提とした商品のため、アレンジができる範囲は限られてきます。 手作り結婚指輪の場合はアレンジもデザインの一部になっています。そのため、アレンジ方法も豊富にあります。指輪の表にダイヤモンドを入れても入れなくてもいいですし、素材を変えてもいいですね。内側にシークレットストーンとして誕生石やダイヤモンドを留めるのも自由にできます。誕生石の数も、希望に応じて複数留めてもカラフルで可愛らしいです。

店舗のサンプルやウェブサイトで確認

手作り結婚指輪のお店も、既製品のお店も、どちらも店頭にサンプルを置いていますので、実際に作ったり購入する前に足を運んでみてもいいですね。ウェブサイトでデザインを確認できるところもたくさんあるので、いくつか絞りこんでから出かける方が効率がいいです。

手作り結婚指輪と既製品の品質・強度

品質は、手作り結婚指輪だからといって、既製品に劣るというわけではありません。どのお店・ブランドも自社の製品の品質を信じているからこそ、保証をして販売しています。

強度の違いは、手作り結婚指輪・既製品の違いよりも、製法による違いが大きいです。

鍛造(たんぞう)製法で製作している指輪は、金属を叩いて鍛えて製作しているため、鋳造(ちゅうぞう)製法で作られる指輪と比べて、手作り結婚指輪でも既製品でも強度の高い指輪です。

手作り結婚指輪のお店も既製品のお店も、鍛造製法と鋳造製法、両方の指輪を揃えているお店もあります。製法は、できあがった指輪を見ただけではわからないことが多いので、気になる場合はお店の人に直接きいてみましょう。

手作り結婚指輪と既製品の保証

保証内容やアフターサービスは、既製品・手作りに関わらず、ブランドによって異なります。 結婚指輪は長い時間付ける指輪ですので、サイズ直しの可否や、クリーニングについては特に確認しておくと安心です。

国内で生産している既製品ブランドや手作り結婚指輪の場合、サイズ直しは数週間程度ですが、海外ブランドの場合はサイズ直しに数カ月かかる場合があります。

同じお店・ブランドでも、素材やデザインによってもサイズ直しができるものとできないものがあります。

いずれにしても、購入前に、遠慮せず、よく確認することが大切です。

結婚指輪ができるまで。手作り結婚指輪と既製品

指輪ができるまでの楽しさ

手作り結婚指輪は、プラチナやゴールドの素材やワックスの原型が、自分たちの手の中で指輪になっていくというライブ感が楽しめます。

既製品の場合は、オーダーしたものが手元に届くまでは実物をみることができません。結婚指輪に対する思い入れが強ければ、目の前にない時間も期待で楽しめますが、あまり積極的に選ばなかった場合は、実物がない時間までは楽しめなさそうです。

指輪ができるまでの納期

既製品の結婚指輪の納期は、おおよそ1カ月から2カ月かかるお店がほとんどです。

結婚指輪は、たとえ既製品であってもすぐに購入できるわけではありません。

結婚指輪をその日に持ち帰れない理由は、主に3つあります。

1.お店にある指輪はだいたいがサンプルであること

2.サンプルのため、自分にぴったりのサイズがないこと

3.その場で刻印が入れられないこと

結婚指輪専門の既製品のお店でも、購入当日には通常持ち帰れません。

海外ブランドは国内ブランドよりも時間がかかったり、国内に在庫が無い場合は空輸で取り寄せるので、3か月程度かかることも、めずらしくありません。

とはいえ、お店に欲しい指輪の在庫を置いている場合もあります。もし、急いでいる・刻印も不要・店頭の見本品の販売もOK・サイズが合う、という場合であれば、当日持ち帰れるお店もありますので、早急に結婚指輪が必要な場合には、お店の人に相談しましょう。

一方、手作り結婚指輪は、早いところではその日に持ち帰ることができます。その場で仕上げができない場合は、数日から数週間の納期がかかる場合もあります。鋳造製法の場合は大抵、鍛造製法よりも納期が長い場合が多いので、お店の人にきいてみましょう。

結婚指輪を受け取るとき。手作り結婚指輪と既製品

大切な結婚指輪ですので、受け取る時は既製品でも手作り結婚指輪でもどちらも嬉しいものです。

手作り結婚指輪の場合は、最初は指輪の形をしていなかったものが、きらきらと輝く結婚指輪になっているので嬉しいです。

既製品の場合は、試着の際はどうしてもぴったりとしたサイズで試せることは少ないので、受け取りの際に自分の指にきれいに納まる結婚指輪をみると嬉しいです。 何年も憧れていたハイブランドの結婚指輪であれば、パッケージをみただけでも心が弾みそうです。

いずれにしても、結婚指輪を受け取る瞬間は心ときめく一瞬であることに変わりはありません。

指輪が手元に届いてから。手作り結婚指輪と既製品

指輪作りの時間をふりかえる

手作り指輪のお店は、写真や映像の撮影OKのお店が一般的です。自分たちで撮影できない場合でも、お店の人が撮影してくれる場合もあります。一生に一回の体験をぜひ記念に残してください。撮影した写真や映像を結婚式で流して、楽しい思い出を来てくれた家族や友人と共有してみてもすてきですね。

友人へのお披露目

結婚したばかりの頃には、友人に結婚指輪を褒められるようなケースもあると思います。有名なブランドであったり、友人と共通して気に入っているブランドであれば話がはずみそうです。手作り結婚指輪であれば、自分たちで作った、というのは話題になりますし、誇らしい気持ちになるでしょう。ものづくりが好きな友人であれば、結婚指輪を自分たちで作れる工房を紹介してみてもいいかもしれませんね。

後悔はしない?

手作りだから後悔する、既製品だから後悔する、ということはあまりないようです。若い頃に購入して後悔する方は、結婚式や結納までの時間が少なくて適当に選んでしまったり、若いからこそ選んでしまう尖ったデザインや奇抜なデザインが、年齢を重ねたファッションに合わなくなってしまったりする方がいらっしゃるようです。また、どちらかが一方的に決めてしまったりした場合にも後悔するカップルがいるようです。

迷っているなら手作り結婚指輪がおすすめ

世界に一つだけの指輪

手作り結婚指輪は、自分自身で、世界に1つだけの指輪がつくれます。自分たちで作りあげる表面の模様は、工場で作ったり職人が作ったりした均一さはありませんが、世界に同じものは一つとない指輪になります。パートナーと交換して作るのもおすすめです。愛するパートナーが自分のために作ってくれた指輪は、世界にひとつしかない宝物になるでしょう。

一緒に指輪づくりをする時間が宝物に

お2人で指輪を作る時間は、何にも代えがたい、一生の思い出になります。指輪を作る体験は、多くの人にとって非日常的な体験です。自分たちの手の中で金属の材料が指輪の形に変化していく様子はおもしろく忘れられない貴重な体験になります。 結婚指輪はシンプルな形を選ぶ方が多いですが、その指輪にまつわる思い出があることで、シンプルな指輪が特別なものに変わります。 指輪を作る作業は、特に結婚指輪という一生身に着ける大事な指輪ですので、普段にこやかなパートナーの真剣な、一生懸命な表情がみられます。また、指輪の刻印や模様を付ける作業では、相手の意外と几帳面な一面がみられるかもしれません。あるいは、几帳面だと思っていた人の、本番に強い、思い切りのよいところがみられるかもしれません。

MITUBACIの手作り結婚指輪

MITUBACIは東京・三軒茶屋にある手作り結婚指輪の工房です。

鍛造製法で手作り結婚指輪を作っていただけます。指輪の素材は、Pt950プラチナと5種類のK18ゴールドをご用意しています。 表に入れる宝石は5種類のダイヤモンドからお選びいただけ、シークレットストーンも12種類ご用意しています。

MITUBACIの手作り結婚指輪は、その日にお持ち帰りいただけます。

サイズ直しは初回無料で対応しています。メンテナンスも永年保証していますので、キズなどが気になる場合はお持ちください。

他にも、お使いいただく中で、困ったことがあればいつでもご相談ください。

実際に結婚指輪をお作りいただいたお客さまのコメントもこちらの記事でご紹介していますので、参考にしてみてください。

結婚指輪を手作りと既製品で迷ったら、手作りがおすすめな理由

🔨 手作りを体験しよう。
ウェブ上で最終価格がわかります

ご予約・お問い合わせ 価格一覧

MITUBACIの手作り指輪・バングルコースは老舗工房の職人が完成まで手ほどき。
最終価格までウェブ上でわかるから、安心してお選びいただけます。