Shaping your creativity

想いを形にするアトリエ

MITUBACIの工房は、一人でも、カップルでも、職人との対話を楽しみながらジュエリー作りができる空間を目指してデザインされました。モダンながらもクラフト感あふれる質感と、どこを切り取っても絵になる機能美が、あなたの創造力を刺激します。

 

この街には、いい職人がいる。

1970年、東京・三軒茶屋の街で創業してから約半世紀。時代が変わっても、ずっと大切にし続けているのは、ひとつひとつのリングに想いを込めて制作するクラフトマンスタイル。普段はADAMなどのオーダーメイドブランドリングを手がける職人たちが、創業以来大切にしてきた技術を、お客様が体験する制作工程の手ほどきとして惜しみなく投入し、たとえ初心者の手作りであっても一生身につけられる満足感のある仕上がりを共に目指すことが、他のワークショップと大きく異なるポイントです。

ブランドについて

「MITUBACI」は、三軒茶屋で多数の婚約指輪、結婚指輪の製造を行ってきた株式会社フジモリが運営を行っています。お客様ご自身の手によってジュエリー制作ができるというこのコンセプトは、イタリア・フィレンツェでジュエリーデザインを学んだ同社のオーナーデザイナーであり、二代目の代表を務める藤森隆の発案によって、長年の経験によって支えられる日本の職人の技術をより身近で、親しみやすい存在にしたいという思いから誕生しました。近年は環境の変化、思想の多様化により、物質的な豊かさよりも、精神的な豊かさを追求する考え方が一般化しました。Made in Japanの力で、造り手の個性を形にする「MITUBACI」のコンセプトは、国内はもちろん、海外からも多くの共感が寄せられています。

MITUBACIとは?

 「Mi tu baci(ミツバチ)」は「私にキスをして」を意味するイタリア語。「身に着けていれば、目の前にいなくとも大切な相手を感じられる指輪」を作ることを目指し名付けました。

職人プロフィール

佐藤 弘美

Hiromi Sato

ミツバチリングファクトリー専任の職人として、さまざまなレクチャーを担当。シルバーアクセサリーの制作を得意としています。

出身:東京都墨田区
趣味:趣味はキャンプ。二児の母でもあります。

松浦 歳嗣

Toshitsugu Matsuura

職人歴30年以上のベテランクラフトマン。長年の経験を活かし、リングやバングルの制作をレクチャーします。動物が好きで、シルバーで動物をモチーフとした様々なチャームも手がけています。

出身:山口県

新藤 研二

Kenji Shindo

レース細工のように美しい手彫りを得意とする職人。たがねという道具で規則的に彫りを入れる集中力を要する加工です。

出身:埼玉県蕨市
趣味:時計、インラインスケート、自転車、おいしいランチ

眞木 和之

Kazuyuki Maki

リングの内側に文字を刻印する文字彫りを得意としています。さらにレーザー刻印を使えば、お客様の手書き文字や絵を刻印することも可能です。

出身:東京都
趣味:子育てとDIY。

木川 繁

Shigeru Kigawa

リングの石留を得意としている職人です。石留とはその名のとおり、リングに宝石を留める技術。石留めは地金だけでなく、宝石の知識も必要な作業です。

出身:青森県
趣味:時計

藤森 泰蔵

Taizo Fujimori

彫り留めの技法を得意としています。爪を作って石を留める技法です。爪もきれいに丸く輝いているため、ダイヤをさらにきらびやかに見せてくれます。

出身:千葉県
趣味:ドライブ

鈴木 純

Jun Suzuki

極小の歯車を正確に当てて作るミル打ちを得意としています。組み合わせる表面加工や素材によって雰囲気が違って見え、男性の方も身に着けやすいデザインです。

出身:横浜
趣味:スポーツ観戦

平野 卓

Suguru Hirano

指輪だけでなく、オリジナルのジュエリー制作も得意としています。金やプラチナのみならず、アルミや真鍮も、かわいいジュエリーに変身します。

出身:千葉県
趣味:民族布・古布

原 康之

Yasuyuki Hara

地金の輝きを最大限まで高めたプレーンリングの仕上げを得意としています。細かい目のやすりで研磨をしていく作業ですが、職人にしかわからない感覚が必要です。

出身:東京都
趣味:映画鑑賞とドライブ

fujimori

株式会社フジモリ

創業:1970年6月
本店所在地:東京都世田谷区三軒茶屋2-14-10

ご予約・空き状況

ウェブサイトより簡単に、ご予約および空き状況がご確認いただきます。