結婚指輪をなくしてしまった!なくさないための工夫となくしてしまった時の対処法

結婚指輪

二人でじっくりと選んで購入した結婚指輪、結婚式で交換した何よりも大切なもの。だからこそ無くしてしまうとショックが大きいですよね。

  • 旅行先のホテルでふと外した時に忘れてきてなくしてしまった!
  • スポーツクラブで着替える時にいつも気をつけてしまっていたけど、外し忘れて慌ててポケットに入れておいたら見つからない!
  • 子育てがはじまって身に付けることが少なくなったらいつの間にか見つからなくなってしまった!

毎日身に付けていた大切なマリッジリングをなくしてしまうと、パートナーにも言い出しづらいし、指輪のない左手を見るたびに寂しく思ってしまう。

今回は、そんな結婚指輪をなくさない工夫となくしてしまった場合の対処法をお伝えします。

①ご自宅ではリングの置き場所を決める。

寝ている時もずっと結婚指輪をされているお二人は大丈夫ですが、外出の時だけ、起きている時だけ身に付けている方が多いと思います。

またお風呂に入る時は外すという方もいらっしゃるのではないかと思います。

自宅の中で指輪を外す、つける、場所とタイミングは、大体一緒だと思いますので、必ず決まった場所に置くようにしましょう!

リングを置く場所には、専用のお皿やかわいいリングスタンドがあると、置いてあることもパッと分かるのでおすすめです。

②外出先で外すときは、財布や鞄の決まった場所に。

指輪をなくすのは、ほとんど外出先だと思いますが、止むを得ずリングを外す場合は、いつも持ち歩いてる財布や鞄の決まったポケットや小銭入れの中に入れておくと、どこにしまったのかをすぐに思い出せるので安心です。

逆にジーンズやコートのポケットなど、着ている洋服に入れてしまうと、どの服に入れて置いたか分からなくなったり、脱ぎ着する時に知らずに落としてしまったり、クリーニングに出してしまったりするので避けたいです。

③特にホテルや温泉、スポーツクラブ、プールに要注意!

外出中でも、特に気をつけたいのは、旅行先のホテルの部屋や、温泉の脱衣所、またスポーツクラブやプールなど、指輪を外さなければならない場所は要注意。

いつも行くところであれば、出来る限り上記の財布や鞄など同じ場所に。

どうしても、急におかなければ鳴らない場合は、自分がすぐに気がつく場所に置きましょう。

また、もし置き忘れてきてしまった場合に備えて、リングの内側にお二人だけの刻印が入っていると、「内側にこんな文字が入っている指輪です!」とすぐに特定することが出来ます。
MITUBACIでは、お客様ご自身に刻印の作業をしていただける無料の刻印サービスを行っています。

④毎日身に付ける!

そして、何より無くさない一番のコツは、毎日身につけること。
どこかお出かけのときだけ、食事に行くときだけ、人に合うときだけ、、とだんだん結婚指輪を身に着けなくなってしまうと、いつの間にか家中どこを探しても見つからない!ということも。
毎日身に着けていることで、指輪をつけていないことの違和感から、もし置き忘れてしまってもすぐに気が付きやすいです。逆にたまにしか身に着けていない指輪ほど、外出先で置き忘れたり、身につけていることが気になって無意識に外してしまったり。。

⑤サイズがピッタリの状態で使う

そして、最後はピッタリのサイズで指輪を身につけること。
サイズが緩かったり、きつかったりすると、どうしてもつけ心地が悪く、リングを外しがちだったり、身に付けなくなってしまったり、なくす大きな原因の一つになってしまいます。
MITUBACIで手作りした結婚指輪であれば、指のサイズを確かめながら制作出来るので、必ずピッタリのサイズにお作りできます。


また将来もしサイズが変わってしまった場合も、サイズを初回無料でお直しすることが可能です。

さて、もちろん結婚指輪はなくしたくないですが、でももしなくしてしまったらどうしたらよいでしょうか。

①まずは徹底的に探しましょう

あれっ!?結婚指輪がない!!

本当にドキッとしまうよね。。そして頑張って探しても見つからない。忘れた場所に戻っても見当たらない。

そんな時は、まず落ち着いて、一番最後に身に着けていた記憶があるところまで、じっくり焦らず記憶を辿りましょう。ここまでは身に着けていた、という時間と場所がわかれば、捜索範囲が狭まります。

もしどこかに置き忘れたことがわかったら、すぐに連絡をしましょう。その時に指輪の特徴を伝えなければなりませんが、指輪の内側に二人のイニシャルや名前の刻印があるとすぐに特定しやすいです。

あとは、なくしてからしばらく時間がたってしまっている場合、この1年着たことがあるコートやズボンのポケット(特に衣替えの時に埋もれてしまいがち)、あとは普段使わないバッグなども可能性は大きいです。

そして、ある程度場所と時間がわかっているけど、どうしても見つかれない場合は、念のため付近の警察に遺失物を問い合わせてみましょう。もしかしたら、誰かが拾って届けてくれているかもしれません。

②次にパートナーにきちんと伝える

それでもいくら探しても見つからない。あー、どうしよう!とても奥さんに、旦那さんに、大切な二人の指輪をなくしたなんて言えない。。

私もなくしかけた経験があるので、その気持ちは痛いほどわかります。

そして、実際にMITUBACIにも、指輪をなくしてしまったのですが、、とパートナーに内緒で相談にいらっしゃるお客様もいらっしゃいます。

でも、やはりなくしてしまったことは、ちゃんと伝えましょう。もしかしたら、あっけなくパートナーが場所を知っていたり、こっそり買いなおした後すぐ出てきてしまったり、急に新しくなった指輪に違和感を覚えたり。
なくしてしまったことは、本当に残念ですが、それがより二人にとってマイナスな思い出とならないように、まずはパートナーに伝える、出来ればなくしたと思ったらすぐに。まだ見つかるかも、というタイミングのほうが逆に伝えやすいかもしれません。

③購入したブランドやお店に問い合わせよう

もうどう探しても見つからない、となったら、やはりまずは購入したお店に相談。

ブランドによって対応は異なると思いますが、再購入の場合の割引があったりするかもしれません。購入したときに保証書などがついていたら、まずその内容を確認してみるとよいと思います。

あとは、折角なので、もしなくした指輪がゆるかったりきつかったりした場合は、ちょうどのサイズで作り直しましょう。(前半でも書きましたが、ゆるかったりきつかったりすることが、指輪をなくす一つの大きな原因!)

そして、新しく作った指輪に比べてパートナーの指輪の使用感が気になる場合は、併せて仕上げ直しも頼みましょう。

④同じ指輪を作れないときは、オーダーメイド専門のお店に相談しよう

なくした結婚指輪を購入したブランドに相談したら、もう年数も経っていて、デザインが廃盤に。。もしくは、買ったお店がなくなってしまっていた!

そんな時は、パートナーの指輪をお手本にして、オーダーメイド専門のお店で、なるべく同じように再現して作ってもらうという手もあります。

⑤思い切って新しい指輪を二人で作る

片方のリングがなくなってしまったのを前向きにとらえて、お二人の結婚〇周年の記念の意味も含めて、もう一度新しい指輪を選びなおすというのも、とてもポジティブな気持ちになれてよいかもしれません。二人で新しいリングで、また二人の時間を刻み始めるのも素敵ですね。

MITUBACIでお作りいただく結婚指輪には、皆さんになるべくオリジナルの刻印をお入れいただいていますので、置き忘れたときや、警察に届けられた時など、特徴を伝えやすくて安心です。

また、もしお作りいただいた指輪を無くされてしまった場合、お作りした時の情報を保存していますので、すぐにご連絡ください!

同じ指輪を再度お作りいただく場合は15%オフにて、お作りいただくことが可能です。

MITUBACIの手作りマリッジリングであれば、当日お持ち帰りいただけるので、パートナーに指輪を失くしたことを伝えづらいと、こっそり作りにいらっしゃる方も。指輪をつけていない時間を最小限にすることが出来ます。そして併せて同じタイミングでパートナーの方の指輪の仕上げ直しも出来るので、二人でまた新品と同じような指輪をつけることが出来ます。

また、指輪をなくされしまったことをきっかけにして、もしくはもう何年も前に旦那さんが指輪をなくしてしまってとか、仲良く二人でなくしてしまって、というお二人が、新しい指輪を今度は二人で手作りしよう!とMITUBACIにいらっしゃるご夫婦もとても多いです。

お子さんたちと一緒に家族みんなで指輪を作りに行くのもいいですね!

結婚指輪

指輪をお作りになりたいという方は、お気軽にお問い合わせください!

ご予約・お問い合わせ


ここまでブログをご覧いただきありがとうございます。

インスタグラムも更新しておりますのでぜひご覧ください。

結婚指輪をなくしてしまった!なくさないための工夫となくしてしまった時の対処法

🔨 手作りを体験しよう。
ウェブ上で最終価格がわかります

価格一覧 ご予約・お問い合わせ

MITUBACIの手作り指輪・バングルコースは老舗工房の職人が完成まで手ほどき。
最終価格までウェブ上でわかるから、安心してお選びいただけます。