5万円台で結婚指輪を作るためには?安い結婚指輪を探すポイントを解説

結婚は夢のあるものですが、短期間で多くの費用がかかるという現実的な側面もあります。挙式だけでなく、新居への引っ越しや新婚生活の準備など、さまざまな事柄において予想外の出費が発生しやすいです。その影響もあり、結婚指輪にかける予算を調整して、さらに失敗も避けたいと考える夫婦が増えました。今回は、そのような人たちに向けて、結婚指輪を安く準備する方法を紹介し、安い結婚指輪のメリットやリスクも解説します。

結婚指輪の予算を5万円台に抑えたいご夫婦の特徴は?

結婚指輪は結婚に欠かせないアイテムであり、購入には2人分で30万円程度の費用がかかるという話を聞いたことがある人かもしれません。たしかにその金額が主流の時代もありましたが、現代は多様化が進んでおり、5万円台くらいの価格帯のものを求める夫婦も多くなりました。このような夫婦の考え方の例として、結婚指輪以外の事柄にお金を多く使いたいということが挙げられます。挙式や新居などでも出費することになるため、2人で価値観をすり合わせ、結婚指輪に関してはシンプルなものでよいので、リーズナブルで質の良いものを選びたい、という方が増えたようです。

また、結婚指輪をつける頻度が少ないという理由や、記念日などにしか着用しないという理由で、高価なものを選ばなくてよいと考える夫婦もいます。たとえば、指輪をつけた状態で働けない仕事をしているケースは珍しくありません。その他に、そもそも指輪が好きでない人や金属アレルギーで装着できない人などもいらっしゃいます。

そして、結婚指輪の素材にこだわるかどうかによっても価格が変わる場合があります。
MITUBACIではプラチナをゴールドと同価格に設定していますが、一般的にはプラチナをゴールドより高い価格に設定にしているショップが多いです。

プラチナに強いこだわりがなく、安く抑えたい場合は、ゴールドの指輪も検討してみてください。

MITUBACIでは、性別を問わず半数以上の方がゴールドの指輪を選んでいます。
ゴールドと一言でいっても、淡い色味のシャンパンゴールドから肌なじみの良いピンクゴールドまでありますので、着けてみるとゴールドの結婚指輪に対する印象が変わると思います。是非一度試してみてください!

安い結婚指輪のメリットとリスクは?

安い結婚指輪を選択する大きなメリットは、上述のように他の事柄にお金を回せることです。高額な出費してまで購入することに違和感を覚える場合もあるでしょう。そのような夫婦が背伸びをして購入することを避け、2人の金銭感覚にマッチした結婚指輪を手に入れられます。

また、デザインの工夫により素材やオプションの差をカバーできることもポイントです。実際、安価でもお二人のこだわりがつまっていれば、十分に幸せを感じさせる素敵な結婚指輪をお作りすることができます。そして、値段に関係なく思い入れを重視する人なら、それらを理想的だと感じることは十分にありえます。このケースでは、結婚指輪の安さは「気に入ったものを買えたうえに出費が少なかった」というメリットにつながります。

一方、安い結婚指輪にはリスクもあるので気を付けましょう。購入時は節約できて満足していても、不良品で安物であることが明白であれば、愛の象徴とは思えなくなりパートナーと一緒に後悔する場合もあります。

品質が保証されていない結婚指輪も同様で、後になってトラブルが起きてしまった場合、落胆してしまう可能性があるのです。
さらに、品質の面については、耐久性に関するリスクも生じます。安い価格設定が材料の品質低下や製造コストの削減によるものなら、経年劣化が進行しやすいケースや破損が生じやすいケースもあるからです。

できるだけ安く良質な結婚指輪を探す方法は?

リーズナブルな結婚指輪が存在するのは確かですが、簡単に見つけられるとは限りません。予算を抑えて購入したい場合は、どのように買い求めることが正解なのでしょうか。その疑問を解消できるように、本段落では結婚指輪をなるべく安く入手する方法を詳しく紹介していきます。

婚約指輪とのセットリングを購入する

まだプロポーズをしておらず、結婚指輪だけでなく婚約指輪の購入を検討している人もいるでしょう。
2回の出費を想像して、まとまった金額に驚いてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、まだどちらも買っていないことにより節約のチャンスが生まれます。なぜなら、個別に購入するよりも両方をセットで買ったほうが出費を抑えられる可能性があるからです。婚約指輪と結婚指輪の組み合わせをセットリングというカテゴリに分類し、割安な価格設定で販売しているケースが多く見受けられます。

さらに、ブライダルフェアやブライダルキャンペーンが行われるタイミングを見逃してはいけません。その時期になると、セット購入に追加の特典を付ける店舗もあるのです。なお、セットリングには価格面以外にも魅力があります。デザインの相性を考慮してセットにされているからです。婚約指輪と結婚指輪の重ね付けが容易であり、その状態の見栄えが良いことも一般的となっています。

MITUBACIでは10周年記念として、2022年1月まで婚約指輪をお作りいただいた方は、結婚指輪を10%オフというお得なキャンペーンをおこなっています。
是非、この機会にご利用ください!

デザイン・素材を考慮する

結婚指輪の購入価格を抑えたいなら、デザインと素材という2つの観点を意識することもポイントになります。やはり素材は価格に大きな影響を与えることが多いため、まずは是非ゴールドも検討してみてください。

ゴールドも結婚指輪の素材としてよく用いられており、決してマイナーというわけではありません。お手持ちのジュエリーと合わせやすい、肌なじみが良いなどメリットも多いです。
とはいえ、耐久性や輝きの面で、やはりプラチナを選びたいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

MITUBACIの結婚指輪は、プラチナもゴールドと同じ価格設定となっています。
価格を気にせず、肌質や好みによって、ご自身に一番合うと思う素材を選んでくださいね。

デザインに関しては、装飾に使われているものが価格に影響を与えやすいです。たとえば、ダイヤモンドなど宝石があしらわれていると、その分だけ高価になってしまいます。それゆえ、過剰な華やかさを求めるのではなく、シンプルなデザインを重視して選ぶと、出費を抑えやすくなるでしょう。また、シンプルな結婚指輪はスタイリッシュなものが多く、普段着に合わせやすいので日常的に使用しやすいという利点もあります。

手作りの結婚指輪にする

材料費以外にも、結婚指輪の価格には多くのコストが含まれています。そのなかでも特に大きな割合を占めるのは人権費や販売店舗の固定費です。結婚指輪を1本作るだけでも、一般的なジュエリーショップでは販売員をはじめとして多くの人が携わります。
また、全国展開していればそれだけ固定費や広告費もかかります。

工房直販のお店であれば、実際に制作をする職人がデザインについてアドバスしたり、結婚指輪を作る工房自体が販売店になるので、そのあたりの費用を抑えることができます。

また、結婚指輪をご自身で手作りできる工房を選ぶとなお良いかと思います。
ご自身がデザイナーとなり、職人からアドバイスをもらいながら制作できるので、その分費用がかからず安くなります。

いくら安く結婚指輪を作りたいと思っても、素人が結婚指輪を独力で制作することは簡単ではありません。何とか完成させたとしても、残念ながら耐久性やクオリティの面で満足のいく仕上がりにならない可能性が高いです。

あらためて既製品を購入すると、トータルの支出はかなり大きくなってしまいます。
手作り結婚指輪を専門にしている工房であれば、プロにサポートしてもらいながら結婚指輪を手作りすることができ、お二人が納得できるクオリティに仕上げることができるでしょう。

お値段も既製品より安価にすませられる可能性が高いので、安くてなおかつ思い出に残る結婚指輪なら手作りをおすすめします!

結婚指輪を5万円以下で入手したい場合は、クオリティに妥協することなく安く買えるポイントを把握して今後の参考にしてみてください。

出費を抑えたいだけでなく、パートナーとの思い入れも大事にしたい場合は、手作りで結婚指輪を用意することも有効な選択肢になります。自分で結婚指輪を制作してみたいと思ったら、まずはMITUBACIに相談してみてくださいね。

※こちらの「指輪選びのお役立ちコラム:一般的な指輪のお話」は、外部の記事ライターに取材と執筆を依頼した記事です

5万円台で結婚指輪を作るためには?安い結婚指輪を探すポイントを解説

🔨 手作りを体験しよう。
ウェブ上で最終価格がわかります

ご予約・お問い合わせ 価格一覧

MITUBACIの手作り指輪・バングルコースは老舗工房の職人が完成まで手ほどき。
最終価格までウェブ上でわかるから、安心してお選びいただけます。