鍛造の結婚指輪ってどうしておすすめなの!?手作りすることはできるの?

結婚指輪を購入するときは、デザインやブランド、または素材などで選ぶことが多いものです。

少し視点を変えて、製造方法の違いで選んでみるのはいかがでしょうか。今回は、ライターの方に製法の違いについての記事を書いていただきました。

結婚指輪の製法・鍛造で作る指輪

結婚指輪の製造方法には、主に鍛造と鋳造の2種類があります。ここでは、2つの製造方法のうち結婚指輪の製造方法としてより適している鍛造(たんぞう)について解説します。

鍛造リング

結婚指輪の製造方法には「鍛造」と「鋳造」の2種類がある

あまり知られていませんが、結婚指輪の製造方法には、大きく「鍛造(たんぞう)製法」
と「鋳造(ちゅうぞう)製法」の2種類があります。ここでは、それぞれの製造方法のメ
リット・デメリットについて説明します。

鍛造(たんぞう)ってどんなもの?

鍛造製法は金属を鍛えて成形する製造方法で、職人の高い技術が必要です。

鍛造製法には2つの方法があります。

1つ目は、熱を加えて柔らかくした金属の塊を叩いたり伸ばしたりして形を整える、日本で古くから行われてきた伝統的な方法です。

2つ目はドイツで生まれた技法で、金属をプレスして圧縮した塊を切り出したり丸く打ち抜いたりして指輪を作
ります。

鍛造のメリット

鍛造は、金属に圧力をかけたり叩いたりして形を作る製法です。この過程で金属から不要な気泡やガスが叩き出されて内部が圧着し、結晶の向きが整うことで強度が高まります。
文字通り、金属が鍛えられるのです。そのため、鍛造製法で作られた結婚指輪は密度や硬度が高く、圧力や変形に強いという大きなメリットがあります。そして硬い表面を丁寧に磨くことで輝きも強くなるだけなく、表面が滑らかに仕上げることが出来るため、指にはめたときの着け心地も良く、金属の密度を感じるしっかり感があるのも特徴です。
さらに、製法上の一番の特徴は、鋳造製法とことなり、原型が不要で、一点一点、貴金属地金から成形するので、幅や厚みの変更が容易で、好みにあわせてアレンジすることができます。

鍛造のデメリット

叩いて成形したり切り出しりする製法のため、S字やV字のウェーブを描くなど、複雑な形状を作るのが難しい点がデメリットと言えます。作れる指輪は、アームがまっすぐなストレートタイプなどシンプルな形に限定されがちです。また、原型を使用しないので、同じ形をコストを下げてたくさん作るといった大量生産に向いていない点も鍛造製法のデメリットと言えるでしょう。

鋳造(ちゅうぞう)ってどんなもの?

鋳造製法は、先にワックスと呼ばれる樹脂で成形したり、3Dプリンターで出力した原型を作成します。

原型を石膏に埋め、石膏を固めたあと熱してワックスを外に溶かし出すことで鋳型を用意し、そこに熱して液体状にした貴金属を流し込んで作る技法です。

流し込んだ金属が冷えて固まってから鋳型を外せばジュエリーのベースが出来上がります。

鋳造のメリット

鋳型に流し込んで成型するため、複雑なデザインにも対応可能です。たとえば、アームがウェーブしていたり細かな模様がついていたりするデザインもできます。この自由度の高さが、鋳造製法の大きなメリットと言えるでしょう。また、鋳型が1つあれば、金属を流し込んで冷やし固める工程を繰り返すだけで同じデザインの指輪をいくつも作ることができ、大量生産に向いている点も大きなメリットです。

鋳造のデメリット

鋳造は溶かした金属を型に流し込んで作る製法です。一度も金属を鍛える過程がないため、密度にムラがあり結晶の向きも整いません。さらに、金属を流し込む過程で気泡が入り込みやすく、専門用語で’ス’と呼ばれる内部に小さな穴ができることがあります。結果として、出来上がった指輪は鍛造に比べて耐久性が低く、精度高く仕上げることが難しい点がデメリットです。

鍛造の結婚指輪で有名な世界のメーカーやブランド

多様なデザインが可能で大量生産しやすく、コストも抑えられることから、鋳造製法は世界各国のメーカーで製造方法として採用されています。一方、鍛造方法を採用しているメーカーが多いのは、ドイツとスイスです。また、日本国内でも鍛造製法を採用しているメーカーがあります。鍛造製法を採用しているドイツとスイス、日本の伝統あるメーカーを鍛造製法を良く知っていただく上でご参考になればと思い紹介させていただきます。

FISCHER

FISCHER(フィッシャー)は、100年以上の歴史を有するドイツの名門工房です。連綿と受け継がれてきたマイスターの伝統技術と最先端技術の融合から生まれる指輪は高品質で、ほかでは見られない独自の魅力にあふれています。鍛造から成形、刻印まで数多くのステップを丁寧な手作業で行うのが大きな特徴です。地金を自社で製作するこだわりで、世界各地のニーズに応える商品展開を行っています。

Furrer Jacot

Furrer Jacot(フラー・ジャコー)は、1858年に宝飾店を創立して以来、160年以上の長きにわたって独自経営を続けるスイスの老舗メーカーです。優れた高度な技術を持つゴールドスミス(金細工職人)により生み出された結婚指輪は、最高級の品質を誇ります。

Pilot

Pilot(パイロット)は、万年筆などでよく知られる文具メーカーです。万年筆製造で培った卓越した技術を生かし、洗練された美しい指輪も製造していて、PilotBridal(パイロットブライダル)というブライダルブランドを運営しています。ほかでは見ない純プラチナ(Pt999)を自社製造し、内甲丸と呼ばれる技術で着け心地の向上を図るなど、随所にこだわりと品格が感じられる指輪です。

鍛造の結婚指輪がおすすめな人

これまでに述べてきたように、鍛造製法で作られた結婚指輪は高い耐久性があり、変形や傷が鋳造に比べて強いのが大きな特徴です。そのため、ずっと指にはめていたい、家事や育児をするときも外さずにつけていたい人におすすめです。
また、製法上、リングの幅や厚みが一定で作られる鍛造の結婚指輪は、形状がシンプルです。流行や、年齢による好みに左右されず、飽きの来ない普遍的なデザインを好まれる方に向いています。

結婚指輪を鍛造で手作りする!

鍛造製法は、職人が丹念に手作業で作り上げていく製法です。

そのため、結婚指輪をオーダーメイドしたり自分たちで作ったりするのに向いています。

とはいえ、自分たちで作るといっても、知識のない状態ではどのようにすれば良いのかわからないでしょう。

MITUBACIでは、経験豊かな職人のサポートを受けながら、どこにもない自分たちだけの結婚指輪が作れるプログラムを提供しています。MITUBACIが提供する鍛造プログラムの大きな特徴は、結婚指輪を作った当日に完成し、そのまま持ち帰れることです。もちろん、指につけてそのままお帰りになる方もたくさんいらっしゃいます。もし、鋳造製法の指輪を作るのであれば、工場で行う工程があるため受け取るまでに通常は1か月から2ヶ月程度の時間がかかることが多いです。

自分の指にぴったりとフィットする指輪が作れるのも大きなメリットと言えるでしょう。
ワックスで原形を作る鋳造製法とは違い、鍛造製法ではベースとなる金属をリング状にして何度も指に試し着けしながら少しずつ成形していきます。細かな調整が可能なため、必ずぴったりと合ったサイズの指輪が作れるのです。

自分たちだけで作れるか不安なカップルも心配はいりません。創業以来、50年以上にわたって鍛造製法のスペシャリストとして指輪をつくり続けている熟練の職人たちが、二人を丁寧にサポートして、本物の職人が行うのと同じ製法で自分たちだけの指輪を製造することが可能です。もし少し失敗してしまっても職人がリカバリーしてくれます。

職人が製作をサポート

2人が納得する指輪を!手作りすることも考えてみては?

鍛造製法は、金属を叩いて鍛え、丁寧に形を作っていく製法です。

鍛造にこだわりがあるお2人も、メーカーやブランドを選んで購入するのも良いですが、MITUBACIで鍛造製法で手作りしてみてはいかがでしょうか。
MITUBACIで指輪を作る時間や体験が、二人にとって特別な意味合いを持ち、出来上がった指輪は、身につける前から愛着があるものになっていると思います。

※こちらの「指輪選びのお役立ちコラム:一般的な指輪のお話」は、外部の記事ライターに取材と執筆を依頼した記事です

鍛造の結婚指輪ってどうしておすすめなの!?手作りすることはできるの?

🔨 手作りを体験しよう。
ウェブ上で最終価格がわかります

ご予約・お問い合わせ 価格一覧

MITUBACIの手作り指輪・バングルコースは老舗工房の職人が完成まで手ほどき。
最終価格までウェブ上でわかるから、安心してお選びいただけます。