シルバージュエリーのお手入れ・重曹を使った簡単な方法

シルバーアイテムの自宅でもできる簡単お手入れ方法!!

職人の新藤です。

今回はMITUBACIファクトリーにある研磨の機械は使わずに自宅でも簡単にできるお手入れ方法を紹介します。
MITUBACIではシルバーリング・シルバーバングル・シルバーペンダントとワークショップを行っていますが、
シルバーは、プラチナとは違い、普通に使っていても変色する素材です。

MITUBACIもサンプルをお手入れせずに置いておくと、変色してきてしまいます。

MITUBACIでも、シルバージュエリーのワークショップを行っていますし、誰でもシルバーのジュエリーがくすんできてしまっているのをみたことがあるので、お客様からお手入れ方法(クリーニング)や取扱いの注意点についてよくご質問をいただきます。

シルバーで作られたものは、空気に触れた状態で長時間放置してしまうと表面が黄色く変色(硫化)してしまいます。

更に時間を置くと部分的に黒っぽくなってしまいます。

写真のバングルは黒っぽくなってしまいました。

変色してしまうことで、よく知られているのが温泉です。硫黄成分の温泉にシルバー製品を付けて入るのは絶対ダメです。

硫黄成分と反応して黄色ではなく黒くなってしまいますので必ず外してください。シルバー製品では、あえて黒く仕上げることで立体感や、見た目を変えるよう仕上げる事もあります。
そういった場合は硫黄成分を使って黒く仕上げています。

MITUBACIのワークショップで見て頂くサンプルも常に空気に触れているので徐々に変色してしまいます。

変色してしまったシルバーバングル

全体的にくすんでしまっています。フォレスタの槌目でできる溝も、黒っぽく、色が変わってしまっています。

研磨の機械もありますが、つや消し仕上げのサンプルを磨いてしまうと研磨されて鏡面の仕上げになってしまいます。

そんな時に表面の硫化した被膜だけをとるのに便利なのが「重曹」です!

重曹でシルバージュエリーをきれいにします

重曹できれいにする方法は簡単です。

指に少し取って水を含ませて表面をこすります。

指に重曹を少し取って水を含ませて
表面を磨きます

模様や刻印の奥などは歯ブラシに重曹を付けて磨くと綺麗になります。

きれいになったシルバーバングル

研磨のようにピカピカとまではならなくても硫化した変色が取れるだけでとても綺麗に見えますよ。

重曹はスーパーなどでも手に入るので是非試してください。

キズがついて光沢が無くなってしまった時は研磨が必要になりますのでご相談下さい。

しばらく使用しない場合は閉じる事が出来るビニールの袋に入れて空気を出来るだけ抜いて保管しておくと変色を防げます。

チャック袋に入れた指輪

お気に入りのジュエリーは、お手入れしながら、ずっと大切に使っていきたいですね。

※2021.2.22追記;

重曹やブラシをセットにした、MITUBACIクリーニングセットを販売開始しました。ぜひこちらもご利用ください。

シルバージュエリーのお手入れ・重曹を使った簡単な方法

🔨 手作りを体験しよう。
ウェブ上で最終価格がわかります

ご予約・お問い合わせ 価格一覧

MITUBACIの手作り指輪・バングルコースは老舗工房の職人が完成まで手ほどき。
最終価格までウェブ上でわかるから、安心してお選びいただけます。