MITUBACI<ミツバチ>の指輪は、東京世田谷の三軒茶屋にて1970年に創業した工房で、熟練された技術を持った職人たちが、1人でひとつのリングの工程を一貫して製作するクラフトマンスタイル、オーダーメイド形式にこだわりリングを製作・お届けしております。


MITUBACIの結婚指輪は、地金そのものを叩いたり伸ばしたりして、鍛えながら加工する「鍛造(たんぞう)製法」で製作しています。そのため、一生使い続けることのできる強くて丈夫なリングに仕上げることができます。


MITUBACIの婚約指輪のダイヤモンドは、総合評価・対称性・研磨の状態、すべて最高ランクのExcelent評価の3EX(トリプルエクセレント)です。
MITUBACIでお買い上げいただくすべての結婚指輪には、グレード付きのダイヤモンドに中央宝石研究所の鑑定書をお付けいたします。

MITUBACIの運営元である、株式会社フジモリについてご紹介いたします。